探偵は様々な尾行方法を駆使している

探偵の尾行調査は、探偵の調査の中で基本中の基本です。

浮気調査や不倫調査でよく使われる方法です。

依頼した人の身元を調べる為に、この方法で調査をすれば、短期間で結果を出す事ができます。

住んでいる住所を調べたり、その人が現在働いている職場を調べる為にも使われる方法です。

尾行している間には何人も調査員が関わり、その依頼された人の尾行をします。

分からないように、万全の準備をして尾行します。

行動パターンを推測して、連携してプレイで身元調査をします。

経験豊富で、高いスキルを持っている調査員が調査をしますので、結果が確実に出されやすいです。

その時に行動する人数は、2名で行動する事が多いですが、より本格的に尾行する時には、3人から4人ほどで活動します。

こういった時には、追加で調査料金がかかることとなります。

何しろ対象者の行動が全く判りませんので歩きや車、時には自転車などの対応も考えておかなければならないからです。

但し、そこまでの人員が必要とされることはそれほど多くはなく、あくまで案件の内容次第となります。

実際、2名で対応がきく調査を4名でなければ無理だという探偵事務所もあるそうですが、こういった事務所はやはり料金トラブルも多いと聞きました。

どことは具体的に申し上げられませんが選択する際に頭の隅に残して頂ければ幸いです。

かといって1名で調査を行うという事務所もトラブルが起こりやすいので避けたほうがよろしいでしょうね。

料金が安いかわりに満足な結果が得られなかったり、いわゆるやらずぼったくりの被害に遭う可能性も高くなります。

徒歩でも行う尾行

歩いて尾行する事も多く、細かな調査をしてくれます。

他にも、自転車やバイクに乗って尾行する方法もあります。

車で対象者を追っていて、おもわぬハプニングがあった時には、車に乗せる事ができる折りたたみ自転車を使います。

この方法なら、車が渋滞の時にも素早く対象者を尾行する事ができます。

調査員とバレないように尾行する事が鉄則です。

そこは、その探偵事務所の腕の見せどころです。

尾行調査では、記録をする事も重要です。

昔は写真だけという事がありましたが、今ではビデオ映像にその現場などをしっかりと記録します。

どこで、どのようにその人が誰と会っていたかという事を記録するのです。

バイクや自転車で車を尾行する時には、対象者が乗る車のナンバーを記録します。

尾行調査でのかかる費用としては「1時間あたり15000円」が平均的な費用です。

今では、これよりも安い料金で尾行調査を行っている探偵会社もあります。

尾行調査では、張り込みも行う事があります。

より確実に調査結果を出すために、その対象者の近くにバレないように張り込むのです。

その人が本当にその女性や男性と出てくるかという証拠を確認し、その決定的な証拠を狙います。

そういった事で、より明確な調査結果を提示する事ができます。

尾行調査をする時には、対象者との距離を考えます。

尾行されている事を知られないように、距離をとります。

人が多い場所ならば、より尾行がしやすくなります。

人込みに紛れ込めるので、数メートルという近い場所を尾行する事もできます。

エレベーターでは、調査員がエレベーターの上階ボタンを押して、先に対象者を降ろします。

こうすることで一旦扉が閉まってから再度開けて部屋を確認したり、最悪でも部屋のある階だけでも確認できますし、このように、色々な工夫をして尾行調査をしている探偵事務所だからこそ、確かな結果を出せるのです。

発覚を防ぎながらも情報を得られる探偵事務所は信頼に値すると判断してよろしいでしょう。

探偵は経験と実績の積み重ねが必要となる業種であると理解できることでしょう。

アルバイトを雇っているような探偵事務所だと、探偵の技量に疑問を感じてしまうのは私だけでしょうか。

探偵・興信所のアルバイトとは

念のためにアルバイトを募集しているような探偵事務所は避けた方がよろしいでしょう。

一体どのような仕事を任せているのでしょうかね。