浮気を調べる職業がある

芸能界などでは仲睦まじい様子で結婚報告をしていた大物カップルが、結婚期間がきわめて短い間に離婚に至る、という話をよく聞きます。

芸能人の場合はニュースなどでお茶の間に広く報道されるので、よけい身近に感じるのかもしれませんが、芸能人に限らず私たち一般人の周りでも、結婚後すぐに離婚という話は決して少なくないと思います。

離婚に至る理由はその夫婦それぞれですが、大きな理由の一つとして相手の浮気が挙げられると思います。

しかし、いくら浮気をしていると訴えたところで、その証拠がなければ離婚に至ることはありません。

そのため、多くの人は興信所などに依頼して、浮気の証拠を押さえることになります。

興信所というのは一種の調査会社です。世の中には浮気をしているかどうかを調べてくれる職業があるのです。

自分で浮気の証拠を押さえるのは至難の業

同じ調査会社としては探偵事務所もあり、興信所と探偵は厳密にいえば取扱い種目や得意分野が違うこともあったのですが、今はほぼ同じ内容となっています。

彼らの仕事は夫や妻の浮気調査などであることは既に述べましたが、その内容は多岐にわたり、前述の浮気調査だけでなく、失踪した人の捜索やペットの捜索なども行う会社もあるようです。

話を浮気の件に戻します。浮気しているという証拠としては、やはり写真が最も有力です。

例えば、配偶者が浮気相手と仲睦まじくデートしている現場を押さえた写真、恋愛感情を頂いている人とでなければいかないような場所に行っている写真などがあげられます。

しかし、これらの写真を自分で押さえるのは至難の業です。まず、いつ浮気相手と会うのかわからないので、始終配偶者について回らなければなりません。

しかし、そんなことをしていては自分自身の生活に支障をきたしますし、何より夫や妻に気づかれずについていくのはほぼ不可能です。

そこで、興信所に依頼し、配偶者の身辺を調査してもらい、浮気の事実の有無、そして悲しいことに浮気していればそのパターンを調べてもらいます。

ここでいうパターンとは、例えば浮気相手と会う曜日、場所、時間は決まっているのか、行く先は決まっているのかなどです。

そして、実際に浮気をしているらしいという話になったら、上記のように始終ついてもらい、その現場を押さえた写真を撮ってもらいます。

それが出来るのは興信所、探偵事務所などの調査会社なのです。他にこのようなことを仕事としている業種は現在のところ存在してはいません。

しかも探偵業法という法律が施行された事で、探偵以外の人が浮気調査などの調査の真似事をすることは法律に抵触する場合もあります。

浮気しているかもしれないから尾行したとの理由が通らず、配偶者でも場合によってはストーカー規制法に抵触してしまいます。

あなたが浮気もしていないのに配偶者や恋人からつけ回されたりしても冷静にいられますか?

あなたも多分黙ってはいないでしょう。信用して貰えていないことは信頼関係の崩壊です。

また、実際に浮気相手がいるとしても、警戒されてしまって取り返しがつかなくなります。

ここは当事者以外の第三者に任せるべきです。尾行技術のある探偵に任せるのが最も無難であると考えるのが妥当です。

浮気調査で証拠写真を入手

興信所の人間であれば、基本的に配偶者と面識がないはずですから、自分自身でついて回るよりも発見されるリスクは非常に低くなります。

さらに、当然ながら彼らはそういう仕事で生活を成り立たせているわけなので、その道のプロです。

まず、気づかれることなく、確実な写真を撮影し、素行調査の仕事を完了してくれるでしょう。

さらに、写真だけでは不十分となった場合には、追加の証拠も必要です。

例えば配偶者や浮気相手の周囲の人のコメント、つまり証言です。多くの場合、配偶者は浮気していることは周りにも言いません。

たまに、仲の良い数人の友達に漏らしていることもありますが、その友達が配偶者の不利益になるようなこと、つまり離婚に至るような証言をするとは思えません。

しかし、浮気相手については、今付き合っている相手が既婚者である、という事実だけを隠して周りの人に大っぴらに吹聴している場合もあります。

これは特に女性に多いですが、不倫といえども愛する気持ちに変わりはなく、そしてその気持ちを自分ひとりの中でとどめておくことはほぼ不可能です。

つまり、みんなに聞いてほしくて仕方がない、という感情に浸ります。

しかし、さすがに不倫であるとはなかなか言えないので、既婚者であることのみを隠していう場合が多いと思います。

さらに、悲しいことに、配偶者が既婚であることを隠して付き合っている可能性もあるので、そういう場合にも不倫相手の周りには情報が漏れやすいと思います。

そういう状況において、興信所の人は不倫相手の周りの人から、最近恋をしているみたい、この前どこそこに旅行に行った写真を見せてもらった、などの話を聞き出すわけです。

いくらプロとはいえ、本人に接触しにくい調査会社の人ではなかなかつかめない情報も、当事者の周りの人は知っている可能性があるので、それも含めて調査してもらうこともあります。

このようにして、不倫の証拠をそろえてくれます。

浮気調査の依頼の流れについて

浮気調査の費用

さて、上記の通りいろいろな調査を確実に遂行してくれる探偵事務所ですが、その費用はいかほどでしょうか。

実は、出来高払いというシステムを取っている会社が多いようです。

さらに、配偶者や不倫相手が遠くで密会しているということや、旅行に行ったということになれば、必要に応じて興信所の人も同行します。

また、高いレストランに入って豪華な食事をした、となり、近くの席に座って聞き耳を立てる必要があればそのレストランに入って食事をします。

これらの経費は、当然ながら依頼者負担となります。そう考えると、結構な料金になりますよね。

その後離婚が成立し、配偶者から慰謝料をもらえればキャンセルできるかもしれませんが、当面の出費は痛いものがあります。

このようなことを考えれば、やはり幸せな結婚生活を続けたい、そのためには結婚したという責任を重々感じるとともに、結婚相手選びには慎重になりたいと思ってしまいます。

皆様も、極力これらの人のお世話にならないよう、相手には誠意をもって接しましょう。まずプロの探偵に狙われたら浮気を隠し通せることは不可能でしょうね。

誠意のある人物が周囲に悪評されることなど無いのですから。痛い目に合わずにリスクもなしに浮気できるなんて思わない方が良いですよ。

難しいですけど、結婚は本当に一生大事にできるようなパートナーを見つけたいものですね・・・。

探偵の浮気調査の事例