浮気の定義と証拠集めの方法

浮気調査は探偵に依頼すべし、と言っても、実際に浮気の証拠はどのように集められるのでしょうか。

探偵が集める浮気の証拠は、おそらく浮気調査を依頼したことがない方には分かりにくいでしょう。

浮気の証拠と言うからには、まず「浮気の定義」を知らなければなりません。

浮気の定義と離婚

浮気(不倫)の定義とは「婚姻中の男女どちらかの配偶者が配偶者以外の男性又は女性と性交渉を持つこと」です。

浮気の定義は、配偶者のある者が配偶者以外の人と性行為を行うこと、つまり、浮気を証明するには、配偶者以外の人と性的関係にある証拠があれば良いことになります。

では、性的関係にある証拠とは何でしょうか。

これはもちろん通常想像できるような男女の関係にあるということですが、法律上の性的関係の定義も関係してきますので、ただ手をつないでいる程度では性的関係の証明としては非常に弱いものになります。

ちなみに浮気は法律用語で「不貞行為」と呼ばれ、民法上における違法行為に該当します。

裁判にて浮気を証明することができれば慰謝料を払わせることも可能になります。

探偵の浮気証拠集め

浮気の証拠とは、配偶者と浮気相手が性的関係にある証拠のことです。

探偵が行う浮気の証拠集めは、この性的関係の証明に関して、間接的といえるものになります。

なぜなら、対象者(配偶者)とはお互い全く知らない赤の他人同士である探偵が、対象者と浮気相手が性行為をしているという極めてプライバシーな状況に直接関わることは現実的にほぼあり得ないからです。

つまり、探偵が証拠集めをするときは対象者と浮気相手の性行為を直接的に証拠とするわけではありません。

対象者と浮気相手がラブホテルを利用したり、ホテル・マンション等に宿泊した証拠を手に入れるのです。

なぜ、これらが性的関係の証拠になるのかを説明するには、やはりラブホテルを利用したケースがわかりやすいでしょう。

ラブホテルというのは通常「男女が性行為を行う目的で利用するもの」ですので、ラブホテルを利用したことが明らかであれば性行為があったと裁判で認定されます。

対象者と浮気相手がラブホテルを利用した証拠は不貞行為の証拠となるのであり、ラブホテルを利用した証拠は、対象者と浮気相手がラブホテルに出入りする瞬間を写真や映像でおさめることで証拠とできます。

これらの方法は性行為(不貞行為)を間接的に証明するというわけです。

また、通常の宿泊施設やマンション・アパート等は、性行為を行う目的で利用するものとは限りませんので、証拠としては少々弱くなりますが、ともに宿泊したことが推測できる状況であればもちろん証拠として使用できないということはありません。